不動産投資 失敗事例③

不動産投資を成功させるためには、その道のプロの手助けというのが必ず必要になってくると思います。税金の専門家、法律の専門家、不動産取引の専門家といろいろいますが、投資の成否に大きな影響を及ぼすのはタッグを組んでくれる不動産会社だと思います。私は、長らく不動産に興味はまったくなかったのですが、ある時友人の紹介で不動産会社の方と知り合い、お話しを聞く内に不動産に興味を抱くようになりました。このまま、サラリーマンを続けていくことを考えると、将来の収入の不安であったり、限りある人生・時間をどう過ごしていくかという点で、「勝負をするなら今」という思いが強くなるようになりました。そんな時、自宅にかかってきた一本の電話が自分の人生を変えることになりました。聞いたこともないような不動産会社からの一本の電話だったのですが、タイミングがタイミングだっただけに話に聞き入ってしまい、あれよあれよという間に中古のワンルームを購入することになってしまいました。購入してからはいろいろとあったのですが、今となってはその業者は音信不通になってしまいました。風のうわさでは潰れてしまったようです。今は、大手の業者さんとタッグを組んでなんとかうまくやっています。前の業者とは違って、いろいろな情報を提供してくれたり相談にのってくれたりして助かっています。不動産投資の成否を決める大きなポイントは、タッグを組む業者がどういう業者かだと思います。


3つ目の失敗事例を紹介しました。不動産会社は本来、蓄積してきたノウハウや高度な知識を不動産オーナーとシェアして、不動産投資を成功させるために手を尽くす役割が求められています。業者がはたす役割というのは非常に大きいです。だからこそ、投資者にとって一緒にタッグを組む業者選びというのは非常に重要なのです。今ご紹介した失敗事例から学べることは、信頼できる優秀な業者とタッグを組むということです。残念ながら、世の中にはたくさんの悪徳業者がいます。購入後に音信不通になるというのは極端な例かもしれませんが、信頼と実績のある大手の業者さんと手を組むようにした方が良いでしょう。