1000万円以上の資産運用のお話

http://xn--1000-o94f88pox6efba3892bgmh.com/

1000万円貯まりました。さてどのように資産を運用していったらいいでしょうか?このように考えている人は多いと思います。

ここで迷ってしまうのが投資の方法はいろいろあるということです。100万円の時に行う投資方法と1000万円の時に行う投資をこれはもちろん異なってきます。

1000万円を超えてきた場合におすすめできる投資方法は三つです。一つは投資信託それから不動産投資、最後に国内ファンドの投資です。

最もリスクが高いのは国内のファンドとなってまして、リターンも大きい投資方法です。国内のファンド会社というのはまだまだ少ないのですが、こちらの1000万円資産運用~おすすめ投資先ランキング~には、それらの情報が豊富に載っています。

不動産投資はリスクと利回りを考えると1000万円以上の資金がある場合には一番おすすめできる方法です、とはいえいきなり投資となると、なかなか悩むでしょう。

このサイトで紹介されている水戸の大家さんという会社が500ページ異常の不動産投資マニュアルを無料で提供しているので、こちらを読んでみることをおすすめです。

投資信託は、こちらのWEB サイトと同様私も勧めしていません。はっきり言って周りからの声を聞いていてもうまくいったという事例がすくなすぎますなので、リスクとリターンの観点からですと不動産投資しくは国内ファンドにお金を預けていくのが私の中のおすすめの方法です。

 

 

不動産投資の投資対象 基礎知識

不動産投資についてよく知るためには、どういった投資対象があるのかをまず最初に把握しておくことが大事です。


■新築マンションワンルーム
■中古マンションワンルーム
■アパート
■戸建
■新築マンション一棟

順に見ていきましょう。

まずは新築マンション。
新築マンションワンルーム投資の最大のメリットは、少額の頭金を用意できれば簡単に始めることができる点でしょう。マンション一室を購入する場合、少しの自己資金と残りはローン利用という方法が可能になってきます。ローンを利用したとしても家賃収入で毎月の返済はまかなうことができます。

空き室リスクに関しても、立地の厳選や不動産会社の空き室保証などを利用することで十分リスク対策をすることができます。借入の際に金融機関による第三者査定が入ることで、資産価値の評価を得られれば、それが空き室リスクへの対策にもなります。精神的・心理的なメリットもここから享受することができるのではないでしょうか。
次に中古マンション。中古マンションワンルームへの投資は十分に注意が必要です。物件の履歴というのが大きく影響してくるからです。また、同じマンション内に反社会的勢力・組織の入居があるだけで1棟全体の価値が下がってしまうケースもあるでしょう。こういったことを考えると、不動産投資の初心者が手を出すのは非常に難しいといえます。業者でさえも、優良な物件を探し出すのは至難の業です。調査会社に依頼するという手もありますが、余計な支出はおさえたいところです。資金調達に関しても、金融機関から物件の評価を受けることができなければ難しいといえます。

次にアパートです。アパートは空き室リスクを分散することができるので収支が非常に安定しやすいです。ところが、初期投資は大きくなるために、自己資金の用意というのが肝心なポイントになってきます。それから、将来的な金利上昇リスクについても考えていかなければなりません。管理会社の選定も重要です。

次に戸建ですね。戸建への投資は、潤沢な資金がなければ難しいといえます。いろいろなリスクの割には、大きな収益は見込めない投資です。不動産投資初心者が手を出すべきではない投資ですね。マンション1棟への投資も同様です。






不動産投資 失敗事例①

私は、駅から近くて立地の良い物件を購入しました。物件は内装・外観ともによく、不動産の営業マンの話でも投資先として素晴らしい物件だ、ということを伺って、人生ではじめての不動産投資先として決めました。空き室保証ではなく一般管理で購入し、購入してからすぐは入居者も決まって順調に行っていました。しかしながら、入居者が一旦出て行ってしまってからは次の入居者がなかなか決まらないという事態になり、収入面はもちろんですが精神的にとても参りました。その後も、入居者が決まっても出たり入ったりの繰り返しで・・・。
はじめての不動産投資、そして失敗から学んだことは入居者を募集することの大変さです。購入する業者はもちろん、空き室保証も大事なんだと学びました。一番の学びになったのは、空き室が出ることがこれほどにまで心理的ストレスになるということです。


まずは1つ目の不動産投資失敗事例を紹介していました。まとめると、「入居者を集める」ことの大変さですよね。空き室リスクなどに関しては、立地を厳選する、業者を厳選する、空き室保証を利用するなどの対策をすることで備えることができます。多くの不動産オーナーが心配する空き室リスクですが、これがもたらす心理的な負担も非常に大きいようですね。実際に経験を積まないとわからないことかもしれないのですが、こういった先人の声というか、失敗談は是非頭に入れておきたいですね。





不動産投資 失敗事例②

土地も建物も自分のものになるというのが魅力で、一棟のアパートをまるまる購入しました。今振り返って思えば、欲に駆られた軽率な行動でした。
土地も建物も自分のものになるということは、全て自分の責任になってしまうということになります。また、投資金額も非常に大きくなるため、投資から十分な収益が得られないようになると、人生を好転させるための投資だったはずが自分の人生を破滅に導く負債になりかねません。私の場合は、自己資金はわずかで残りは高額な借入を利用して投資をしました。あともう少しで破産というところまで追い込まれた時期もありました。私の経験上、投資初心者にはいきなりハイリスクのチャレンジはおすすめできません。最初は、少額投資、なるべく自己資本で、さらに空き室保証がある物件から不動産投資をはじめることをおすすめしたいと思います。


2つ目の不動産投資失敗事例です。まとめると、「なるべく自己資金で」「初心者はハイリスクの投資はやめろ」ということですね。紹介した失敗事例を見ればわかるように、自らの人生を好転させるために行った投資が、自分を破滅へと導くものになることだってもちろんあるのです。そういった大きな大きなリスクを回避して不動産投資をする方法はいくらだってあります。不動産経営失敗のリスクを回避する方法を事前に学んでおかない限り、初心者がハイリスクハイリターンの投資先を狙うのはやめた方が良いという教訓ですね。